日本国内にいても海外の商品を購入できる「個人輸入」について

海外の商品がお手軽に購入できる時代。服や家電は知っているが、薬も並行輸入できるって知ってますか?

医薬品の個人輸入代行通販サイト「お薬ラボ」について

お薬ラボ」は、バンコク所在の個人輸入代行業者MIRACREATE.Co.,LTDが運営している通販サイトです。設立に関しての情報は見つかりませんでした。「オオサカ堂」と比較すると、知名度は低いようです。

「お薬ラボ」のオフィシャルページを見ると、「信用第一」「総額1万円以上のお買い上げで送料無料」「複数の支払方法」「個人輸入・関税手続き不要」とアピールしています。それでは、具体的に、それぞれ、確認してみましょう。

取り扱っている医薬品は、純正品のみを販売しており、粗悪品は売らないと明言しています。代表的な人気商品に限って、第三者機関から鑑定書を発行してもらっているようです。また、口コミを見ると、梱包が雑、到着が遅れた等ありますが、総じて、医薬品の効果があったという内容が多いので、商品は大丈夫かと思われます。

送料については、購入金額が1万円を超えると無料になります。1万円に満たないと、1000円の送料がかかります。発送元については、商品によって異なり、インド、シンガポールなど、複数個所からの発送になります。注文からお手元に届くまでに、海外からの発送ですから、7日~14日ほどかかるようです。
また、郵便局留めと配送品の追跡が可能です。これは、安心ですね。荷物追跡の手順として、発送手続きが完了すると、各荷物に追跡番号が発行されます。その番号をもとに、サイト内の追跡番号検索にて確認ができます。

「お薬ラボ」での支払方法は、銀行振込、クレジットカード支払、そして、ビットキャッシュ決済の3種類です。クレジットカードは、JCBが利用できます。ビットキャッシュで支払いができるなんて、今時ですね。興味のある方は、直接確認してみてください。

問い合わせについては、日本語カスタマーサポートとして電話番号が掲載されています。ただ、電話は注文のみ対応しているようです。ご意見、ご相談等は、メールフォームより、メールでの問い合わせとなります。
今やパソコンやスマホで買い物するのが当たり前になってきましたが、中には未だに苦手な方もいらっしゃるでしょう。そんな方には、電話で、それも日本語で注文できるのは有り難いですね。

注文した商品のキャンセルは受け付けませんが、商品が破損していたり、間違って発送されている場合は、送料ショップ負担で、再送してくれます。海外発送の場合、外箱が少しいたんでいるくらいでしたら、目をつぶりましょう。要は中身です。

他に、「お薬ラボ」では、ポイント制度を設けていません。時々セールなどのキャンペーンを実施しています。価格的には、他の個人輸入代行業者と比べて、割高な感じがいたします。まとめ買いすることで、割安感が出るようです。

購入する医薬品によっては、家族や恋人に知られたくない場合があるかと思います。「お薬ラボ」では、クレジットカード支払での明細に、店舗名や具体的な商品名が載りません。また、発送時の外箱にも、中身がわかるような表記にはなっていません。個人輸入手続きで最低限必要な情報しか掲載されないという配慮がなされています。

カテゴリー:

医薬品の個人輸入代行通販サイト「ベストケンコー」について

「ベストケンコー」は、2009年7月から、イギリスの個人輸入代行業者Bushido Enterprises Ltd.が運営しているサイトです。10年もの運営実績があり、個人輸入代行サイトとして、人気・知名度・会員数ともに高いです。

そこで、「ベストケンコー」について、詳しく調べてみました。

まず、商品についてですが、サイトで確認したところ、厳しい管理体制で知られるシンガポール政府より薬の販売ライセンス
を取得している販売元から卸しているようです。そのため、メーカー正規品で保証もされているようです。「ベストケンコー」で購入する商品は本物と捉えて大丈夫のようです。値段も重要ですが、まず、本物かどうかが、一番大事ですね。

次に、送料についてです。「ベストケンコー」では、全国どこでも、購入金額にかかわらず、送料が無料です。利用者としては、ありがたいですね。
ただ、気をつけなければならないのは、購入の合計金額が16,666円を超えると関税や手数料が発生するようです。まとめ買いをすると単価が下がり安くなりますが、上限次第では思いがけない出費がかさみますので、要注意です。

医薬品によりますが、商品価格は、全般的に、すごく安いわけではない感じです。クーポンやタイムセールをうまく利用して、安く購入するようにしてみてください。
取扱商品数については、他の個人輸入代行サイトと比較して、種類が少ないようにも感じます。

配送日数については、「商品追跡システム」がありますから、到着が遅いときは郵便局のホームページで確認できます。もしくは、「ベストケンコー」のサイトでも確認できます。まずログインして、「荷物番号の確認」から荷物番号をコピーします。「配送と料金」というページの荷物検察に荷物番号を貼り付けて検索すると、商品がどこにあるのか、どんな状況なのか確認することができます。このサービスがあれば、安心して待つことができますね。
標準的な配送期間は、発送完了メールの受領後、海外からなので7日~10日ほどを目安とするとよいでしょう。

そして、「ベストケンコー」では、「郵便局留め」が可能です。ユーザーの事情によっては便利なサービスですが、郵便局留めにすると「完全配送保証」の対象外になるようです。その点を認識した上で利用するか決めてください。実は、運営側の「ベストケンコー」は、郵便局留めをお勧めしていないようなのです。

支払については、クレジットカード決済と、銀行振込の2通りがあります。クレジットカード利用が可能なのは、業者として、信頼できるポイントの一つです。

「ベストケンコー」では、購入商品に関するレビューを投稿したユーザーにストアポイントを付与しています。投稿文字数によって、付与されるポイントが異ります。例えば、写真付きで500文字以上投稿すると500ポイントが付与されます。これらポイントは、1ポイント=1円として、支払の際利用することができます。つまり500円分のポイントになります。
また、買い物をすることでもポイントが貯まります。貯まったら、次回注文する際その分値引きしてもらえます。クーポンとの併用も可能です。

問い合わせについては、電話番号を公表していませんので、メールでの問い合わせになります。問い合わせに対する回答は、1日~2日後のようです。急いでいる方には、ちょっと不便ですね。

「ベストケンコー」は、商品の種類が、他サイトより少ないようですが、安心安全な個人輸入代行サイトということがわかりました。

カテゴリー:

医薬品の個人輸入代行通販サイト「オオサカ堂」について

「オオサカ堂」は、1997年から香港の個人輸入代行業者Roy Union Ltd.が運営する老舗サイトです。22年もの長きにわたる運営実績があります。取扱商品が多く、価格が割安で、非常に多くの方が利用している有名なサイトです。

「オオサカ堂」は、トップページに、メーカー正規品保証、全国送料無料、最短3日でお届け、安心梱包、クレジットカード支払可能、と掲げている個人輸入代行サイトです。では、各アピールポイントを詳しく、チェックしてみましょう。

メーカー正規品保証のほかに、医薬品には成分鑑定書も掲載しています。この成分鑑定書は、第三者機関が検査したものです。22年も運営し続けているので、成分鑑定書の偽造はリスクが高すぎてありえないのでは、と思います。

多くの通販サイトでは、ある一定の金額以上購入すると送料無料となることが多いですが、「オオサカ堂」は、値段に関係なく送料無料です。小額の買い物でも、送料がかからないのは良心的ですね。

最短3日でお届け、とトップページに掲げてはいますが、同じく「オオサカ堂」のサイトには、現在は、入金の確認ができたら、目安として、10日後にお届け、と明言しています。早急に欲しい方は、他を当たったほうがよいかもしれませんね。でも、海外からの発送ですから、10日前後は標準的な長さですし、そのくらい余裕を持って待ったほうが良いのでは、とも思います。
しかし、口コミには、「発送が遅い」「入金したのにまだ発送されない」という書き込みが見受けられます。しかし、実際は、多くの利用者がいるので、リピーターであれば、そうは言うものの、いつものこと、と捉えているのかもしれませんね。
そんな気持ちにさせるのが、おそらく、値段の安さかもしれません。他の通販サイトより、安い傾向がありますので、そこが「オオサカ堂」の強みなのかもしれません。キャンペーンや特価セール、タイムセールも実施していますので、うまく利用すると、さらに安く買えるチャンスでもあります。

ポイント制度も導入しており、キャンペーン期間中に購入することで追加ポイントをさらにゲットでき、また、レビュー投稿者に対してポイントを付与するシステムがあります。

支払に関しては、トップページにはクレジットカード支払可能と記載されていますが、実際、カード決裁が一時的にできなくなっているようです。ですので、銀行振込での注文になります。

安心梱包とうたっている点については、口コミに、商品の箱を保護するプチプチが入っていなかった、ダンボールに直接商品が入っていた、などあります。国内のオンラインショップと異なり、海外のショップは雑なのかもしれません。ましてや、海外からの輸送中、手荒な扱いを受ける可能性もありますから、外箱がよれてしまうことは多いにありえます。個人輸入時の梱包は、国内通販業者と比較したり、あまり目くじらを立てないほうが賢明かもしれません。

医薬品を安く安心して購入したい方には、「オオサカ堂」はお勧めですし、個人輸入代行サイトとしても最適かと思います。

カテゴリー:

個人輸入を代行する通販サイトの選び方

医薬品の個人輸入を代行してくれる通販サイトは、インターネットでちょっと検索するだけで、数十ものショップが出てきます。個人輸入代行サイトで薬を買おうと思っても、それらショップの、どこで買えば良いか迷ってしまうことでしょう。

ただ何となく見つけた個人輸入代行の通販サイトで購入してしまうと、色んな問題が発生する可能性があります。フタを開けてみたら、割高で購入していた、商品が届かない、服用しても効果が出ない、偽物だった、というように騙され、大損しているかもしれないのです。

そこで、初心者でも失敗しないように、通販サイトを選ぶ基準をまとめてみました。

運営期間の長さ
運営期間が長いということは、サイトとして信頼できる材料となります。同じショップ名で、何年もインターネット上で運営しているのは、リアル店舗同様に、信頼できるビジネスをしているからこそだと思います。でなければ、長続きしないものです。偽物を販売するなど、あくどい商売をしているサイトは、その悪いうわさや口コミが徐々にインターネット上に蔓延しますので、評価が下がり、売上が下がり、ゆくゆくはサイトを閉じなければならなくなります。ただ、そこで諦めないのが、悪徳業者で、その後、別名で新たに通販サイトを始めるのです。

配送期間の短さ
個人輸入代行業者の運営する通販サイトで医薬品を購入すると、商品は海外から発送されます。手元に届くまでに、1~2週間ほどかかります。国内の大手オンラインショッピングサイトのように、注文後翌日、もしくは2~3日で届くことはありません。到着まで、このように、あまりに早い場合は、海外からではなく、国内から発送していることが濃厚で、違法サイトと断言しても過言ではありません。(国内では、いかなる方法でも、未承認薬を販売してはならないという薬事法の決まりがあるからです)
ある一定の日数がかかることを念頭におきましょう。

サポート体制
国内のオンラインショッピングを利用するときと同じです。いかにサポート体制がとられているか確認するようにしましょう。
具体的には、通販サイト内に問い合わせフォームがあるかどうか、問い合わせ先としてメールアドレスの記載があるか、そして実際に問い合わせ可能か、電話での問い合わせも可能か、などです。
信頼できるサイトであれば、このようなサポート体制もきちんと構築されています。特に、電話での問い合わせが可能なサイトは、信頼できるポイントになります。

梱包の丁寧さ
これは、実際に注文し、届いて見ないとわからない点ではありますが、口コミなどをチェックして確認しましょう。基本的に、国内の通販と比較すると、海外の通販サイトの梱包のほうが、雑な傾向があります。加えて、海外からの配送中、結構手荒に取扱いされることがあります。
ただ、商品の中身にまで及んでしまった場合、例えば、購入した商品の箱が潰れてしまったり、錠剤が割れてしまったり、という場合、不良品として返品・交換してくれるかどうか、その対応も確認してください。
とは言え、国内業者と違い、海外の業者に返品するのも面倒です。できれば、したくないですね。

以上のことを踏まえて、個人輸入する際は、事前によく通販サイトのことを調べてからにしましょう。

カテゴリー:

医薬品を通販サイトで購入する方法

海外では、薬局、ドラッグストアはもちろんですが、スーパーなどでも医薬品を購入できる国があります。しかし、日本では、病院で医師に厚労省が承認した医薬品を処方してもらうか、市販薬を薬局で購入するしか方法がありません。日本の薬事法では、海外製の未承認薬を、ドラッグストアやネット通販で販売することを禁じています。

ですので、医薬品を通販サイトで購入するとは、海外製の医薬品(未承認薬)を、個人輸入代行業者が運営する通販サイトで購入することを意味します。日本の薬事法では、個人で使用する分に限れば、海外から医薬品を個人輸入することが認められているのです。しかし、個人輸入した薬を、自分以外の身内や友人へ譲渡すること、他者に転売することを固く禁じています。

これら個人輸入に関する基本ルールをご理解した上で、個人輸入をはじめてくださいね。

幸い、個人輸入代行サイトは、日本人向けに日本語で表記されています。語学力に不安がある方も、安心して取引できます。また、自分自身で個人輸入するには、関税などの面倒な手続きも自分でしなければなりませんが、そんな手続きも代行してくれます。

通販サイトによって、購入方法に若干違いがあるかもしれません。例えば、支払方法が、クレジットカード、銀行振込のどちらも取り扱っているところもあれば、銀行振込だけのところもあります。お届けについては、郵便局への留め置きが可能なサイトもあります。

いずれにしても、総じて、次のような流れで取引を進めていきます。
① 個人輸入代行の通販サイトで商品名を検索、②商品を注文、③購入手続き(送付先住所等入力)、④支払い、⑤1~2週間ほどの配送期間、を経て商品が届きます。
まるで、国内のオンラインショッピングサイトの楽天やアマゾンで買い物をするような流れで、医薬品を個人輸入することができるのです。

個人輸入できる商品は様々です。主に、美容関連、ダイエット関連、ED関連、AGA関連の医薬品をはじめ、サプリメントや関連機器などがあげられます。まとめ買いをするとさらに割安で購入できます。ただし、1回に個人輸入できる数量は、医薬品によって薬事法で決められています。これを守らないと、関税で税金を結構支払わなければならなくなり、割安ではなくなりますので、ご注意ください。
注文品は海外から発送されますので、手元に届くまでに、7日から14日ほどかかります。時間に余裕があるときに注文するといいですね。急に薬が必要になった場合は、個人輸入では対応できないので、病院で処方してもらうようにしてください。

通販サイトの一番のメリットは、24時間365日いつでも、どこでもPCやスマホがあれば、自分の空いている時間に注文ができるところでしょう。病院まで行く時間を捻出する必要もありません。通院の際、もしかして誰かに見られてしまうかも、という心配もありません。

デメリットとしては、急に必要になっても、すぐ手元に届かないことです。その場合は、すぐ処方してもらえる国内医療機関で医師から処方してもらってください。そして、中には人気のある医薬品につけこんで、安く偽造品を送る業者がいることです。大手製薬会社が、実際に個人輸入業者から医薬品を購入したところ、半数近くが偽物だったという調査結果が出ています。そんな業者に偽物をつかまされないよう、良心的で信頼できる業者を見極めてください。

個人輸入した医薬品に関しては、あくまでも自己責任となります。つまり、偽物をつかまされても泣き寝入りするしかないのです。服用して副作用が出てしまい心配な方、日頃他に飲んでいる薬があって、併用しても大丈夫か不安な方は、必ず病院で相談してみてください。

カテゴリー:

安心して薬を購入できる個人輸入サイト

医薬品を日本国内で購入する場合、ご存知のとおり、病院でお医者さんに処方してもらう、もしくは薬局で市販のものを購入する、大きく2つの方法があります。これら医薬品は、厚生労働省が承認したもので、品質も安全性も確認済みです。

しかし、世界に目を向けると、海外には計り知れないほど多くの種類の医薬品が製造・販売されています。その中には、日本では承認済みの医薬品ですが海外製のもの、さらに、日本では未承認の先発薬や後発薬も数多く存在します。そして、国内で大変人気のある薬が海外製だと安価で買えるということで、海外製の医薬品を個人輸入する方が増えてきています。また、日本では承認されていないジェネリック医薬品(後発薬)も、個人輸入だからこそ、手に入れることができます。

しかし、個人輸入には、幾つかお約束事があって、それを守らないと処罰されますので、気をつけてください。とは言っても、そんなに難しいことではなく、あくまでも個人での使用に限ること、他人への譲渡・転売が禁じられていること、1回に注文できる数量は1から2か月分の処方(医薬品の種類によります)を目安にすること、です。いくら安くても、半年分や1年分をまとめて購入することはできません。また、一緒に住んでいる家族(親・兄弟・配偶者)の分を購入することもできません。あくまでも、自分用に服用する目的のために購入、です。

ただ、いざ薬を個人輸入しようと思っても、素人が輸入をしようにも手続き等どうしたらいいかわからないものです。言語の問題もありますし、関税を含む具体的な輸入手続きなんて、やってみたことがない限り、とても難しそうで気が進まないものです。そんなお悩みを解決してくれるのが、個人輸入を代行する通販サイトです。

個人輸入代行業者は、日本語表記の通販サイトを運営し、面倒な輸入手続きもしてくれます。国内の大手オンラインショッピングサイトの楽天やamazonでショッピングするような感覚で、商品を選び、カゴに入れ注文。それから、配送先を入力し、支払いを済ませば、あとは手元に届くのを待つだけです。
何か質問があれば、メールや電話で問い合わせることも可能です。そして、通販サイトですから、365日24時間注文が可能です。自分の手が空いているときに、PCやスマホから手軽に発注できます。

違いと言えば、海外からの配送ですので、配送に時間を要することでしょうか。海外からですと、1週間から2週間ほどみたほうが良いでしょう。あまりに早く、1~2日程で届くショップは、国内から発送している可能性が高く、これは、個人輸入代行業者としてルールに反しています。薬事法では、原則、海外製の未承認薬を国内でいかなる方法でも譲渡・販売してはならないことになっています。薬事法の規定に則りショップ運営しているサイトから購入しましょう。

では、医薬品を個人輸入するのに、安心できる通販サイトとはどんなところでしょうか。
インターネットで検索すると、数十社の通販サイトが出てきますから、どのサイトを利用してよいか迷ってしまうかと思います。

サイトを選ぶ基準として、運営期間が長いショップかどうか、発注後商品が届くのが早いかどうか、配送中に破損した場合など再発送してくれるかどうか、サポート体制がしっかりしているかどうか、梱包が丁寧かどうか、などがあげられます。
海外製の医薬品は、そもそも安価なことから利用しはじめる傾向にありますが、安さにも相場があります。あまりにも安い場合は、本物かどうか怪しい可能性もあります。安さだけで判断しないように心がけてください。

個人輸入代行を利用して医薬品を個人輸入する一番のメリットは、病院に行かなくても処方箋がなくても、安価に購入できることではないでしょうか。PCまたはスマホがあれば、いつでも、どこでも注文ができます。
デメリットとしては、医薬品を今すぐ必要としていても、配達に1~2週間かかってしまうことです。お急ぎであれば、病院に行くことをお勧めします。そして、人気の医薬品を割安で購入できる個人輸入には、人気にあやかって、偽物を売りつける悪徳業者がいることです。値段に惑わされず、信頼できる業者かどうか見極めましょう。

カテゴリー:

  
Copyright © 2016 薬の個人輸入サイトは安全? . All rights reserved