国内だけでない海外の認証医薬品も輸入できる。

海外の商品がお手軽に購入できる時代。服や家電は知っているが、薬も並行輸入できるって知ってますか?

医薬品を日本国内で購入する場合、ご存知のとおり、病院でお医者さんに処方してもらう、もしくは薬局で市販のものを購入する、大きく2つの方法があります。これら医薬品は、厚生労働省が承認したもので、品質も安全性も確認済みです。

しかし、世界に目を向けると、海外には計り知れないほど多くの種類の医薬品が製造・販売されています。その中には、日本では承認済みの医薬品ですが海外製のもの、さらに、日本では未承認の先発薬や後発薬も数多く存在します。そして、国内で大変人気のある薬が海外製だと安価で買えるということで、海外製の医薬品を個人輸入する方が増えてきています。また、日本では承認されていないジェネリック医薬品(後発薬)も、個人輸入だからこそ、手に入れることができます。

しかし、個人輸入には、幾つかお約束事があって、それを守らないと処罰されますので、気をつけてください。とは言っても、そんなに難しいことではなく、あくまでも個人での使用に限ること、他人への譲渡・転売が禁じられていること、1回に注文できる数量は1から2か月分の処方(医薬品の種類によります)を目安にすること、です。いくら安くても、半年分や1年分をまとめて購入することはできません。また、一緒に住んでいる家族(親・兄弟・配偶者)の分を購入することもできません。あくまでも、自分用に服用する目的のために購入、です。

ただ、いざ薬を個人輸入しようと思っても、素人が輸入をしようにも手続き等どうしたらいいかわからないものです。言語の問題もありますし、関税を含む具体的な輸入手続きなんて、やってみたことがない限り、とても難しそうで気が進まないものです。そんなお悩みを解決してくれるのが、個人輸入を代行する通販サイトです。

個人輸入代行業者は、日本語表記の通販サイトを運営し、面倒な輸入手続きもしてくれます。国内の大手オンラインショッピングサイトの楽天やamazonでショッピングするような感覚で、商品を選び、カゴに入れ注文。それから、配送先を入力し、支払いを済ませば、あとは手元に届くのを待つだけです。
何か質問があれば、メールや電話で問い合わせることも可能です。そして、通販サイトですから、365日24時間注文が可能です。自分の手が空いているときに、PCやスマホから手軽に発注できます。

違いと言えば、海外からの配送ですので、配送に時間を要することでしょうか。海外からですと、1週間から2週間ほどみたほうが良いでしょう。あまりに早く、1~2日程で届くショップは、国内から発送している可能性が高く、これは、個人輸入代行業者としてルールに反しています。薬事法では、原則、海外製の未承認薬を国内でいかなる方法でも譲渡・販売してはならないことになっています。薬事法の規定に則りショップ運営しているサイトから購入しましょう。

では、医薬品を個人輸入するのに、安心できる通販サイトとはどんなところでしょうか。
インターネットで検索すると、数十社の通販サイトが出てきますから、どのサイトを利用してよいか迷ってしまうかと思います。

サイトを選ぶ基準として、運営期間が長いショップかどうか、発注後商品が届くのが早いかどうか、配送中に破損した場合など再発送してくれるかどうか、サポート体制がしっかりしているかどうか、梱包が丁寧かどうか、などがあげられます。
海外製の医薬品は、そもそも安価なことから利用しはじめる傾向にありますが、安さにも相場があります。あまりにも安い場合は、本物かどうか怪しい可能性もあります。安さだけで判断しないように心がけてください。

個人輸入代行を利用して医薬品を個人輸入する一番のメリットは、病院に行かなくても処方箋がなくても、安価に購入できることではないでしょうか。PCまたはスマホがあれば、いつでも、どこでも注文ができます。
デメリットとしては、医薬品を今すぐ必要としていても、配達に1~2週間かかってしまうことです。お急ぎであれば、病院に行くことをお勧めします。そして、人気の医薬品を割安で購入できる個人輸入には、人気にあやかって、偽物を売りつける悪徳業者がいることです。値段に惑わされず、信頼できる業者かどうか見極めましょう。

カテゴリー:

   医薬品を通販サイトで購入する方法 »
Copyright © 2016 薬の個人輸入サイトは安全? . All rights reserved